アーモンドによる血液サラサラ効果の仕組み

アーモンドは、バラ科モモ属の落葉高木で、原産地は西アジアから中央アジアにかけての地域と考えられていますが、現在では地球上の広い範囲で栽培されています。それは、果実の仁の部分を食用として利用できるからで、しかも栄養価が非常に高いということで、健康食品として重宝されています。

ちなみに、その主成分は脂質で、その大部分はオレイン酸(oleic acid)やリノール酸(Linoleic acid)などの不飽和脂肪酸です。これらは、コレステロールの抑制や血栓予防の作用を発揮するので、血液サラサラをサポートします。

さらに、アーモンドが含んでいる栄養素で重要な役割を担っているのが、老化の原因物質活性酸素を抑制する抗酸化作用を発揮するビタミンEです。この栄養素は、血液循環を活性化する効果もあるので、血液サラサラになります。

また、食物繊維を豊富に含んでおり、体内に蓄積されていた老廃物を排出するデトックス効果も発揮します。これにより、身体の内側の状態が綺麗になるので、血液の流れも活性化することになります。

このように、様々な角度からのアプローチにより、血液の流れが正常化することが実現されます。加齢や運動不足により身体の調子が思わしくないという場合は、アーモンドを摂取することにより、状況を改善することが可能です。過剰摂取は下痢などの不調につながるので注意しなくてはなりませんが、副作用が発生するような心配はありません。

血液サラサラ改善ナビ|血液サラサラにするにはどんな食べ物が良い?はこちら